ActiGraph Linkの製品情報、特徴、価格、データについて

ホーム > 取り扱い商品 > ActiGraph Link (GT9X) |アクチグラフリンク

取り扱い商品

  • GT3X-BTモニター
  • ActiGraph Link(アクチグラフリンク)

ActiGraph Link(GT9X)アクチグラフリンク

ジャイロスコープと地磁気センサー搭載
LCDモニター上に時刻表示可能

アクチグラフリンク(GT9X)は、GT3Xやアクチスリープモニターに搭載されているものと全く同じ高精度の3軸加速度計が組み込まれ、LCDモニター上に測定情報をリアルタイムでモニターや時刻表示ができる全く新しいタイプのアクチグラフです。ジャイロスコープと地磁気センサーも搭載され、より精度が高い被験者の体位や回転を分析することができるロガーです。

アクチグラフリンク(GT9X)はアクチライフソフト6バージョン6.11.5以降でないと使用ができません。購入の前にご使用のソフトのバージョンをご確認ください。



GT3X-BTモニターの商品説明

ウェアタイムセンサー機能:
手首に装着した場合には器械本体の裏側にあるウェアタイムセンサーが働いて、被験者がきちんと装着していたかどうかをデータ上で知ることができる機能です。このセンサーを使用すると非装着時のデータを平均値から省くことが簡単にできます(ウェアタイムセンサーリストバンド別売)。

ジャイロスコープと地磁気センサー:
アクチグラフリンクに装着されているジャイロスコープと地磁気センサーは、加速度データに加えて9方向のデータを記録しているので、睡眠時の体位計測、リハビリ介入の被験者の動きなど、多くのアプリケーションに使用することが可能です。

ジャイロセンサー生データ

心拍同時計測:
別売りの心拍センサーを装着することにより、加速度データに加えて心拍数も同時に計測することができます。ゴム製のバンドを胸の周りに装着するだけで安定した心拍データをとることができます。

リアルタイムディスプレイ:
時刻表示やバッテリーライフ、加速度の情報などをリアルタイムで表示することが可能になりました。睡眠の研究で長期間アクチグラフを装着する際には、時刻表示ができるようにしてほしいという装着者からのリクエストが多く、普通の腕時計のようなディスプレイは装着忘れを防ぎ、長期装着の負担を和らげることができます。

アクチライフ「スリープ解析アップグレード」:
アクチライフソフトをアップグレードすると、アクチリンクを使用した睡眠解析がさらに楽になります。アップデートされる機能は:「睡眠区間自動判定」、「独自アルゴリズム使用」、「被験者用睡眠解析データレポート作成機能」、「アクトグラム」の使用、「PLM解析」機能の使用になります。

インターフェース、アクセサリー

アクチグラフリンク アクセサリー【シングルリンクドック】

シングルリンクドック

アクチグラフリンク アクセサリー【6ポートリンクドック】

6ポートリンクドック

アクチグラフリンク アクセサリー【リンクウォッチバンド】

リンクウォッチバンド

アクチグラフリンク アクセサリー【リンクベルトクリップ】

リンクベルトクリップ

アクチグラフリンク アクセサリー【リンクポーチ】

リンクポーチ

ActiGraph Link-GT9X-(アクチグラフリンク)のスペック

アクチグラフリンク(GT9X) 製品仕様

サイズ35mm×35mm×10mm
重量14g
サンプリング周波数30〜100Hz
バッテリ寿命14日
記録時間240日・4GB
ダイナミックレンジ
(メイン加速度計)
±8G
ダイナミックレンジ
(セカンダリー加速度計)
±16G
ジャイロスコープダイナミックレンジ±2000度・毎秒
地磁気センサーダイナミックレンジ±4800 micro-Tesla
防水IP27 1メートルの水深に30分間

ActiGraph Link-GT9X-(アクチグラフリンク)についてのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ