アクチ・ジャパン株式会社(旧:株式会社プライムジェイ睡眠関連事業部) サポート情報

ホーム > サポート

サポート情報

  • 製品についてのお知らせ
  • よくあるご質問

※重要なお願い

アクチグラフとパソコンの接続には必ず純正ケーブルをご使用ください。純正ケーブルを使用しないで器械が起動できない、ダウンロード時にノイズが入ったという事故が国内でも報告されています。

・GT3X-BTのUSBキャップ(黒いベルト状のもの)は経年変化により劣化をします。無償で配布しておりますので、必要なお客様は弊社まで連絡をください。劣化した白いOリング部分を使用し続けると漏水の原因になります。また2016年度にGT3X-BTを購入されたお客様は新品でもUSBキャップが緩いものが多かったので、新品との交換をお願いします。

・ご使用の器械のファームウェアは常に最新のものにアップデートしてください。2017年8月現在、GT3X-BTは1.9.2が、アクチリンクは1.7.0が最新です。

※重要なお知らせ ファームウェアの不具合について

2015年12月にリリースされた、GT3X-BT用のファームウェア"1.6.0"に不具合があることが報告されました。このファームウェアを使用したデータは1軸(Y方向)と2軸(X方向)のデータが逆にアウトプットされることが判明しました。

お使いの器械のファームウェアバージョンの確認方法

ソフトに器械をつなぐとファームウェアのバージョンが以下のように表示されます。

対処方法

・最新版のソフトにアップデートをしてください
アクチライフ6.13.2以降にアップデートをすることで、不具合のあるファイルは読み込めなくなりますのでアップデートをしてください。

アップデートができない環境にいるお客様

ファイルのバージョンの確認方法
ダウンロードした生データ、拡張子が.GT3Xのファイルの拡張子を.zipに変換して開いてください。開かれたフォルダーの中にinfo.txtのファイルがあるので、それを開くとファームウェアのバージョンを確認することができます。

不具合データの変換方法
以下から変換ツールをダウンロード、インストールしてください。

https://dl.theactigraph.com/tools/ActiGraphMOSRotationFix.exe

add files to fix をクリックしてデータを表示させると、問題のないファイルは緑色のチェック✔が表示されます。問題のあるデータは赤い×印が表示されますので、右下のStart Processing Fileをクリックしてデータを変換してください。

製品についてのお知らせ

アクチスリープBTモニター取り扱い終了のお知らせ

アクチスリープBTモニターは2015年3月をもって廃番となりました。

アクチスリープBTモニターのスペックはこちら

よくあるご質問

アクチライフソフト インストールに関して

シングルライセンスのソフトをインストールしてキーコードを入れてもソフトを立ち上げることができず、「このキーコードはすでに使用されています(Max Out)」というエラーメッセージが表示される。

サーバー上の登録を解除する必要があるので、お使いのキーコードを弊社までおしらせください。1,2営業日で解除できます。

インターネット経由でキーコードを入れてアクティベートを試みても、認証できない。

インターネットセキュリティーが強い施設では、インターネット経由のアクティベーションができない時があります。その際にはOffline Activationの画面右側にある、Activate Offlineをクリックすると24ケタのオフラインコードが表示されますので、その画面をキャプチャーするか番号を弊社まで連絡ください。1,2営業日でオフライン用のConfirmation Codeを送付しますので、それを入力するとソフトが使用できるようになります。

アクチライフソフトを他のパソコンにインストールしたいのですが、どうしたらいいですか?

ソフト上のHelp→Deactivateに進んでサーバー上の登録を一度消してから他のパソコンにインストールしてください。Deactivateをしないと、上記のMax Outの表示が出て使用ができなくなります。

体重を入力しようとするとポンド表記になっていますが、どうやってキログラムに変えることができますか?

アクチライフソフトは、インストールした際にはEnglishの単位になっていますので、ソフト上のTool→Option画面上で、左上のMetricを選んで変更してください。

GT3Xシリーズ、アクチスリープモニターに関して

GT3X-BTとアクチスリープモニターBTの違いを教えてください。

アクチスリープモニターはGT3X-BTの全ての機能に加えて、「睡眠区間自動判定機能」、「任意のアルゴリズム使用」、「アクトグラムの使用」、「被験者用睡眠解析レポート作成」機能が使用できます。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ